ブログ

赤字でも、低価格路線で行くべき基準とは-中小企業の価格論③

というわけで、価格を下げていい時もある、というのが今日のお話しです。大きく分けて次の3つをお話しします。 1 膨大な「固定費」をどう理解するか? 2 顧客の生涯価値をどうとらえるか? 3 価格弾力性が非常に高いことが予想されるケースとは

会社を閉めるときの話

日曜の午後、近所の食品スーパーに行ったときに、非常事態宣言下だというのに混み合う店内で、私だけが異変に気付いていました。妻に「このお店月末…

利益額と利益率~理想の細マッチョはどこにいる?中小企業の価格論②

中小企業の価格論の2回目は、とある年商数十億の経営者と昼食中にぽつりと言われた一言「利益額か、利益率か?どっちがいいんだろ」というお話

値段に関する思い込み 中小企業の価格論①

新年最初のシリーズは、その「価格」について、根拠のない「付加価値追及」でもなく、社員を犠牲にしての忍従でもない道を探ることを何回かに分けて進めたいと思います

2021年もよろしくお願い申し上げます

今年弊社が取り組みたい、重要に思っているテーマが2つあります。年初にあたってそれをここで述べさせていただきます。

Seasonally Report 2020年10月~12月

きぼうパートナーでは四半期ごとに主な対応した業務内容をご報告し、ご依頼・ご相談の参考にしていただけるようにしています。2020年10月~12月の主な実施業務内容はこちらです。

「感情労働」は当たり前か-CS経営の欺瞞

なぜ、医療オペレーションのプロフェッショナルとして高い名誉と、夜勤手当などを含めれば普通の職種からははるかに高い報酬を得られる看護師からどんどん人が辞め、そして復帰しようとしないのか?それは決してお金の問題ではなく、「日本人の看護師への誤った固定概念」「感情労働」への安易さがあり…

営業会社に引っかからないための基礎知識②

前回は営業会社が、自分ではそうとは思っていない「情弱」経営者や理系エリートを狙う基本的手法とその仕組みをこちらでご説明しました。…

経営者が営業会社に引っかからないための基礎知識①

強くて巧みな営業マンに思わず妥協してしまって後悔したことはありませんか?そういう営業マンを多く抱える営業会社にとって、情報力が不足している…

2020年をもっと雑に振り返る③変化は起きている、透明な水に落ちた一滴のインクのように

いきなり長いタイトルで失礼しました。普段はこのブログでは、「中小企業に役立つ方法論を紹介する」ということに徹していて、社会批評や文明論はし…

2020年をけっこう雑に振り返る②~来るモノ

前回から、年末恒例企画「一年を振り返る」をお送りしています。一年が速いなあ、と思うのは反省もなく毎年のことではあるのですが、今年がそのうえ…

2020年を雑に振り返る①~といってもコロナばかりで

例年この時期には一年のビジネスシーンを「変化」に着目して振り返るという記事をいくつか書いています。昨年はこちらから2回に分けて。…

「専門家なら…」の罠

最近、いくつかのお客様のお仕事で、今まで自分がそれほど多くの経験を持っていない分野を必要とする経営課題が出てきました。経営全般を俯瞰整理し…

商売の年間循環と需要変動

早いもので…12月になりました。今まで小売り、システム、BtoBの販売に業務コンサルなどいろいろなビジネスに携わってきましたが、い…

    |

「パソコン離れ」に直面した話

先日、新しく導入したwebサービスによる業務処理を現場部署にご説明に行きました。担当者は若い派遣社員2名。普段の業務に関してはてきぱきと要…

「非対面」再び

また、新型コロナウイルス感染者数が増大してきてしまいました。政府は、多少の犠牲者には目をつむり(そうは言えないのが政治家なのでしょうが)、…

「データ」はやっぱり大事!でも…

最近、「データの大事さ+α」を痛感する出来事が2つほどありました。まずはその出来事の紹介からEpisode1 大事なのは「知ってい…

    |

中小企業はEC化の進捗にどう臨む?

「コロナで大変」という業界がある一方で、あまり目立って声をあげないものの、ネット販売関連は夏以降もビジネス服を除いて好調を維持しています。…

「ヨソモノ」を応援する

最近、士業法人をお手伝いする形で中国人(だけに限らず外国人)で日本で起業、事業展開する人の経営管理を支援する仕組みを検討しています。回りく…

会社を存続させたいですか?―オペレーショナルエクセレンス 最終回

9月中旬から始めたオペレーショナルエクセレンス特集は、前回までで「手順」のご説明は終わりました。長らくお付き合いをいただきありがとうござい…

さらに記事を表示する
PAGE TOP