ブログ

なぜ工場と事務で同じ工程管理をしないのでしょうか?

これからオペレーショナルエクセレンスの話を始めるわけですが、最初に数週間に及ぶ長い話の結論の一つを最初に言ってしまいましょう。工場…

中小企業が今すぐできて効果があること

弊社では、事業立ち上げ間もないベンチャーと、なぜか創業数十年~100年超(一番古いところは明治5年!)の両極端なお付き合い先があるのですが…

人件費って結局どのくらいかかっているんだろう?どのくらい増えているんだろう?

前回は昭和と平成のHRM(人的資源管理)の罪深さ、そこから変わることの大変さをモデル化してご説明しました。そこでの単純モデルでは、「構造」…

オペレーショナルエクセレンスへの遥かなる道とリストラの峠

私はよく、中期的な利益水準と事業規模と人件費水準の話をしますが、その時に人事制度や年齢別構成の持続可能性ということをかなり気にしています。…

会社で本当はいらなかった物たち

「物」の話ですよ、「者」ではありませんから。コロナ禍の中での制限のある操業が始まったのは2月下旬からでしたので、はや「新常態」も半…

10月改正!電子帳簿保存の今とこれから

経理担当以外の方は、最近ではスマホでの経費精算アプリでの電子申請が多く用いられることから、経理でも電子データで全てを行っていると思っておら…

おっと危ない!それインチキじゃん。

人事制度改革という重い話題を3週間も続けていたので、アクセス数も減ってしまいました。そのため、ちょっと軽いネタを投下したいと思います。…

ジョブ型雇用を準備する⑥結局私たちはどこへ向かっているのか?

これまで5回にわたり、日本の中小企業が「ジョブ型雇用」に移行するための準備をどのように進めるか?という説明をしてきました。その背景にあるの…

ジョブ型雇用を準備する⑤給与と資格

「給与は減らしてはいけない」という思い込みは日本企業に非常に根強くあります。しかし、法律上はそのような制限は記載はなく、減給の制裁…

ジョブ型雇用を準備する④人事評価制度をどう見直すか?

今月は、いよいよ待ったなしの改革となりつつある「ジョブ型雇用」制度について中小企業の観点からどのように見直すか、取り組むかという点を中心に…

ジョブ型雇用を準備する③部門と職務を定義する

日本企業50年ぶりの大改革であるジョブ型雇用制度とは何で中小企業は何を準備したらよいのか?をシリーズで解説しております。実用的な「採用」「…

ジョブ型雇用を準備する②「人」ではなく、「仕事」で会社を再定義する

前回は、中小企業でも「ジョブ型」に移行する準備をする必要があるという話をしました。http://kibow.biz/2020/0…

ジョブ型雇用を準備する②「人」ではなく、「仕事」で会社を再定義する

前回は、中小企業でも「ジョブ型」に移行する準備をする必要があるという話をしました。http://kibow.biz/2020/0…

「ジョブ型雇用」を準備する①

やはり、というべきでしょうか?このタイミングで日本でもコロナ禍での自宅勤務の常態化とあわせて、KDDI、三菱ケミカルなどで「ジョブ型雇用」…

経営者も(コンサルタントも)練習が必要

何か制度や戦略を変えようと思うと、経営者は社員へ理解してもらうべく説明しなければならない、という場面に多く行き当たります。そういう時、皆さ…

固定電話に見る「再構築」の考え方

最近、気難しい「日本の宿痾論」が続いていたので、気分を変えて統計の話をしたいと思います。ある歴史ある会社の事例ある歴史ある…

「女性活用」という視点の危うさ

とある会社の業務改善の提案書に「女性を活用できない労働集約型業務はこの先どんどん規模を縮小し高齢化し「じり貧」に追い込まれる」と書きました…

    |

必要なのは情報管理の再設計なのだろうか?

新型コロナウイルス対策をめぐって、政府の電子申請が使いづらいという指摘がたくさんありました。確かに使いづらい。しかし、情報を一元管理したら…

できる上司が社員を辞めさせるわけ

これも前回までの「退職者をめぐる話」に関連するお話で、最近少なくとも4つの会社で目にした、「よくある話」です。前回はこちら…

正義と妥協 経営者の勇気

先日、お世話になっている弁護士さんが自分の事務所を開所されたというので、応援?(お邪魔?)に伺いました。異分野の若い力のある専門家のお話は…

さらに記事を表示する
PAGE TOP