ブログ

クレジットカードで財務改善?できるんです

昨日の記事のようにテクニカルな新手法を紹介しても、使える会社も限られていると思いますので、今日はどの会社でも簡単にできる財務改善手法をご紹介します。それは、「なるべくクレジットカードで支払う」ということです。「枠を現金化」とは違いますよ。

【クレジットカードの効果】

法人、あるいは事業用のクレジットカードはポイントがつかないか非常に薄いことが多いのですが、それでも引き落としが直接支払う場合よりも1か月程度先になることが多いです。カードで購入できるものは、通常の交際費のほか、水道光熱費、文具通販等の毎月の経費でも可能なものがかなりあります。分割にしなければ、カード払いの手数料は通常かかりません。したがって、もし1か月支払いが先延ばしできるとしたら、毎月のカード決済額の分だけ、無金利で1か月お金を借りたことと同じ効果があるわけです。このお話をされても、結構嫌がられる経営者の方も多いのです。やはり、残高が金庫か通帳で見えているその感覚を大事にされているのだとは思うのですが、そういう方も交際費は法人カードで支払われているんですよね、だいたい。

カード払いにはその他のメリットもあります。例えば、カード利用データをそのまま経理ソフトに読み込むことができ、仕訳を行うことができる機能が最近のクラウド会計システムには備わっています。(これは銀行口座に対しても同様の機能があるのですが、対応している銀行が限られています。)

【デメリットは…】

カード払いにすると、利用明細が郵便で届かなくなるというデメリットがあります。ただ、カード払いしてもネット上で利用明細を見ることができるものが大半です。それに最近では紙明細は別途料金というサービスも増えています。経費面の分析と対策は実はネット経由の明細で問題はありません。実は、経費削減調査を行う際にカード払いのものがあると、総務の方に「明細をダウンロードしてください」とお願いしなければならず、ちょっと面倒。ただし、経理の方が心配される「支払い漏れ」については、むしろ起きなくなります。

【パーチェシングカード】

クレジットカード会社は、通常のクレジットカードとは別に、「パーチェシングカード」というものを発行しています。これは実際には、「カード」はないのですが、会社のいろいろな経費をクレジット会社経由で支払いできるという仕組みです。クレジットカード会社ではいろいろなメリットを列挙していますが、これのメリットは、与信力の高い会社ならば支払期日をだいぶ先にすることができる、ということに尽きます。うまくいくとキャッシュフローの改善が大幅に可能なこともあります。数億円単位で改善した上場企業も知っています。

【カードの選び方】

と書くと、他のサイトのようにクレジットカード会社のアフィリエイト(当サイトをクリックして申込すると当社に手数料が支払われる)をするのかと思われるかもしれませんが、私はそういうことはしていません。いろいろなサイトがあるので参考にしてみてください。ただ、法人カードでは年会費がかかります。1500円から3万円まであります。空港でラウンジが使えるとか、保険が付帯されるとか、そういうことはこの際無視していったんは1500円ぐらいのものをお使いになることを建て直し屋としてはお勧めします。

 

関連記事

  1. 新しい金融
  2. 管理強化の適切なタイミング
  3. 過剰な為替デリバティブをなぜ契約した?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。